さいたま商工会議所は、経営・起業・融資などのビジネスサポートや魅力ある街づくりといったさまざまな会員ニーズに即した事業を展開します。簿記、リテールマーケティング(販売士)、珠算など検定試験も実施!

ホーム > 経営・創業 > 再生支援

埼玉県経営改善支援センター

<経営改善計画の策定を支援>
 
|| 埼玉県経営改善支援センターとは  || 支援対象  || 申請から決定までの流れ  || 問合せ ||
埼玉県経営改善支援センターとは
埼玉県経営改善支援センターでは、県内の中小企業・小規模事業者の皆様が経営改善計画を策定する場合に、策定費用の3分の2(上限最大200万円)を支援する事業を実施しております。
ぜひ積極的にご活用下さい。
支援対象の事業者 ▲このページの先頭へ
借入金の返済負担等の影響による財務上の問題を抱えている中小企業・小規模事業者の方で、事業再生・経営改善を図るために、認定支援機関の支援を受けて経営改善計画を策定し、金融機関から金融支援(リスケジュール等の返済条件変更等)を得ることを目指す事業者の方です。
個人事業主は支援対象になりますが、社会福祉法人、LLP(有限責任事業組合)、学校法人、従業員が300人超の医療法人は支援センター事業による支援の対象にはなりません。
 
利用申請から支払決定までの流れ ▲このページの先頭へ
フロー図
1) 中小企業・小規模事業者は、経営改善計画策定支援を実施する認定支援機関と連名で、「経営改善センター事業利用申請書」を経営改善支援センターに提出します。

⇒ 経営改善支援センターにて申請書の内容を確認します。支援センターでは、費用負担することが適切と判断した場合は、その旨を代表認定支援機関に通知します。
2) 認定支援機関は中小企業・小規模事業者の経営改善計画策定支援を実施します。
3) 中小企業・小規模事業者は計画について金融機関との合意成立後、認定支援機関と連名で「経営改善支援センター事業費用支払申請書」を経営改善支援センターに提出します。

⇒ 経営改善支援センターでは経営改善計画及び支払申請書の内容を確認し、経営改善計画策定支援に係る費用(モニタリング費用を含む)の3分の2(200万円)を上限として支出します。
4) 認定支援機関は経営改善計画の記載に基づき、中小企業・小規模事業者のモニタリングを実施して、経営改善支援センターに対し報告すると共に、「モニタリング費用支払申請書」を提出します。

⇒ 経営改善支援センターは支払申請の結果及び支払決定額、支払予定日について、代表認定支援機関に通知し、費用の3分の2(上限200万円)を支出します。

*尚、費用の上限200万円は経営改善計画策定支援費用とモニタリング費用(期間3年)を合算した金額です。
 
 
問合せ ▲このページの先頭へ
  申請受付、申請の事前相談等は電話による予約制とさせて頂きます。
経営改善支援センター業務に関するお問い合わせ先は次の通りです。
   
埼玉県経営改善支援センター
〒330-0063
さいたま市浦和区高砂3-17-15 さいたま商工会議所会館5F
TEL:048-862-3100 / FAX:048-838-7811
 ※最新情報、書式等は「中小企業庁HP」をご確認ください。
  • さいたま商工会議所/入会のご案内
  • 工業系ビジネスサイト
  • けんせつそーだん
  • さいたま商工会議所メールマガジン/直送もぎたて!さい商便
  • マイタウンさいたま