さいたま探訪コース さいたまをくまなく探訪しよう
   浦和区の歴史を探る
  >>>HOME >>>このコースの先頭へ
   北浦和駅周辺
   

北浦和駅
  昭和11年開設。当初は東口のみだった。西口は昭和22年開設。
さいたま市立北浦和図書館
  昭和49年1月開館。昭和25年から40年代まで、この地に浦和最初の洋画劇場「北浦和映画劇場」(愛称:シアターパール)があり映画ファンに親しまれた。
さつまいも「紅赤(べにあか)」発祥地
  明治31年、木崎村針ヶ谷に住する山田いちが鮮やかな紅色をした7株のさつまいもの新種を発見。味も優れているので種芋として栽培した。親戚の吉岡三喜蔵が種芋を譲り受け4年間栽培。名を「紅赤」とした。この芋は評判を呼び、ついに全国のさつまいもの70%を占めた。山田いちはこの功績が認められ、女性初の富民賞を受賞した。
針ヶ谷箪笥(たんす)
  かつて針ヶ谷一帯は桐の産地として知られ「針ヶ谷箪笥」は有名なブランドであった。沿道には箱屋(家具屋、家具製造業者の総称)が点在していた。

所在地/さいたま市浦和区北浦和・針ヶ谷
アクセス/JR北浦和駅東口周辺

浦和小史
■出発/北浦和駅
↓徒歩
北浦和駅周辺
↓徒歩
廓信寺
↓徒歩
北浦和公園・浦和北公園
↓徒歩
官庁街
↓徒歩
二七市場跡
↓徒歩
常盤公園
↓徒歩
浦和宿本陣跡
↓徒歩
裏門通り周辺
↓徒歩
玉蔵院
↓徒歩
埼玉会館・浦和図書館
↓徒歩
浦和駅周辺
↓徒歩
調神社
↓徒歩
■到着/浦和駅

Copyright(c)2008,All rights reserved by the Saitama Chamber of Commerce and Industry