さいたま探訪コース さいたまをくまなく探訪しよう
   見沼の姿と歴史を知る(1)
  >>>HOME >>>コースの先頭へ
   見沼通船堀
見沼通船堀写真

 見沼通船堀は日本最古の閘門(こうもん)式運河である。見沼を開拓した井沢爲永によって、享保16年(1731)に完成した。パナマ運河より実に183年も前の話である。
 通船堀は代用水東縁(ひがしべり)水路、西縁(にしべり)水路と芝川を結ぶ運河であるが、用水路と芝川の間の3メートルの水位差を解消するために各水路に2ヶ所の閘門(一の関、二の関)を設け、水位を調節しながら船を上下させた。船が通るときは村人の応援を求め網で船を引いた。
 通船堀開通により代用水路縁辺の村々と芝川、荒川を経て江戸を結ぶ内陸水路が開かれた。積荷は貢米が中心で帰り荷は肥料、塩、酒などだった。
 明治7年、見沼通船会社が設立され運営にあたった。明治期は盛況をみたが、その後陸上交通の発達の影響で衰退、大正末には廃止、昭和6年通船許可期限満了に伴い消滅した。

所在地/さいたま市緑区尾間木
アクセス/JR「東浦和駅」より徒歩15分
見沼小史・江戸編
■出発/東浦和駅
↓徒歩15分
見沼通船堀
↓徒歩15分
清泰寺
↓徒歩20分
吉祥寺
↓徒歩15分
氷川女体神社
↓徒歩15分
国昌寺
↓徒歩15分
萬年寺
↓徒歩15分
さぎ山記念公園
↓バス
■到着/浦和駅
見沼通船堀閘門開閉実演

Copyright(c)2008,All rights reserved by the Saitama Chamber of Commerce and Industry